<中国雲南風味キッチンきらら>オープン

トップページへ

本サイトの同人、市橋雄二さん夫人きららさんが楽しい料理店をオープンした(4月12日)。訪れる人の個性次第でさまざまに楽しめる要素に満ちたスポットである。シンプルにして雲南の野趣がぎっしりつまった数々の料理はどれも旨い。15年物の甕だし紹興酒は絶品。以下は市橋さん自身の文である。
bigkiraraomote.jpg

新鮮な季節の野菜を使ったおいしい料理、ビール・焼酎に加えてまろやかな飲み口の甕出し紹興酒
オープンキッチンでお客様とスタッフの自由な会話、店内で自由に手に取ることのできる旅の本と写真集、木の質感と緑で落ち着いた雰囲気、内装から仕入れまで地域に根ざした店づくり、高齢者にやさしい設計、アジアの食堂のようでもあり、バックパッカーが集うアジアの田舎町のカフェのようでもあり、狭くてもくつろげる・・・そんなお店をめざしてオープンしました。
雲南出身のきららが腕をふるいます。人気メニューは<もつ唐辛子><メンマ肉炒め><じゃがいもせんべい><焼きワンタン><お米の麺で作ったミーシェン><とろけるだんご>など、そして今話題の食べるラー油も自家製のものをご用意しています。

bigkiraranaka.jpg

bigtennai.jpg

bigsyoukousyu.jpg

店内の詳しい様子は自然素材を活かした内装を設計していただいたアトリエきらら小林輝子さんのブログからご覧いただけます。http://kiraralife.exblog.jp/i8/


中国雲南風味キッチンきらら>〒331-0823さいたま市北区日進町2-1125-40 JR川越線日進駅北口を出て右手すぐ。営業時間は、ひる11:30~14:00、よる17:30~22:00、定休日:毎週月曜日(日曜日はよるのみ)電話:048-664-7706 iPhoneなどスマートフォンユーザーにフレンドリーなFree Wi-Fi(無線LANフリー接続)完備

このブログ記事について

このページは、gypsy-trailsが2010年6月13日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<ロマの女王>エスマ・レジェポーヴァ、マケドニア勲章を受章~ジェレム・ジェレム便り⑪」です。

次のブログ記事は「賭博場併設の「日本大相撲」を世界遺産に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261