タランティーノ的映画文法満載の西部劇〜「ヘイトフルエイト」

  • トップページへ
    謎解き風西部劇であり、徹底的にタランティーノ独特の映画作りにこだわった異色作だ。舞台設定は南北戦争直後のアメリカ・ワイオミング州。吹雪に立ち往生した8人の男女が荒野の一軒家でくり広がる惨劇が謎解き風に展開するが、前半は冗漫で、饒舌でこの辺りもタランティーノ風。懸賞金稼ぎ屋で捕らえた罪人は絞首台に送る心情を持つ男、彼に連行される女性凶悪犯、元北軍兵士の黒人賞金稼ぎ、絞首刑執行人、元南軍の老将軍・・・・。
    互いに因縁深い老将軍を黒人賞金稼ぎが射殺する事件に発展するが、その際、部屋に置かれたコーヒーポットに誰かが毒を盛る。この辺りからにわかに緊張感が高まりタランティーノの世界が次々に繰り広がられ、映画でしか表現できない不可解・不条理な血にまみれた殺戮シーンがこれでもかと続く。
    ここには、文学性、抒情性、情緒、美学などの概念を突き抜けた B級映画の到達点があり、それは通俗性とは別の超通俗性とでもいうべきものだ。超怪作「マッドマックス怒りのデス・ロード」に通底する無意味性を感じ取るものもいるのではないか。
    黒人賞金稼ぎの男が所持しているリンカーンからの手紙が小道具として生きているが、この設定に通俗性臭が匂うのがご愛敬か。それほど日常性から脱却させてくれる映像世界で、たっぷりとした満足感に浸れる3時間である。
    俳優陣は皆、とても良いがサミュエル・ジャクソンが存在感で圧倒的であり、紅一点ジェニファー・ジェイソン・リーが徹底した汚れ役で面白い。 音楽がエンニコ・モリコーネなのであり、この辺りのタランティーノのセンスが嬉しい。 美術監督・種田陽平が「キル・ビルVol.4」以来、久方にプロダクション・デザインを担当しているのも注目。
  • このブログ記事について

    このページは、gypsy-trailsが2016年3月 3日 12:13に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「生の実存に寄り添う秀作:橋口亮輔監督「恋人たち」」です。

    次のブログ記事は「ファティ・アキン監督最新作『消えた声が、その名を呼ぶ』は大作だった」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 4.261