2017年5月アーカイブ

竹原ピストル、そして映画「海炭市叙景」

  • トップページへ
    たまたまテレビの音楽番組(「SONGS 魂の叫び 竹原ピストル遂に登場」2017・5・18 10時50分から30分)を見た。スタジオには竹原ピストルを初めて見る観客だけを入れてその反応も調べようとする演出が取られた。
    彼を初めて見た気になっていた私は徐々に何処かで見た顔だと感じていたが、彼の音楽が始まるとその力強く、絞り出し、吐き出すような歌いっぷりに惹きつけられながら、同時に、数十年前に新宿文化劇場で見た三上寛の「オートバイの失恋」を思い起こしていた。どちらもギター一本で己の思いを吐き出し、訴え、時には若者への共感を簡明ながら、諧謔に満ちた自分の言葉で歌い語っていた。それぞれの時代の閉塞状況を歌うという意味では同質のものがある。
    現実は厳しく、否定的な状況に満ちていても、いや、それだからこそ己だけのわずかな手がかりを見つけて、どこまでも前向きに生きようとする彼の音楽に今の若者たちが新鮮さと切ない衝撃を受け、勇気を得るのかもしれない。
    竹原ピストルの大写しの顔を見ているうちに彼の映画か何かを見た記憶が蘇りそうになり、調べたら、熊切和嘉監督の「海炭市叙景」に出演していたのだった。
    「海炭市叙景」は作家佐藤泰志の短編小説集にあり熊切和嘉監督により映画化された傑作であった。出演俳優も谷村美月、加瀬亮、南果歩、小林薫らの魅力的なラインアップだった。この映画については感ずるところが大いにあったので当HPの映画欄にも取り上げている。(2010・12・28付け)
    この映画に竹原ピストルは出ている。 オムニバス風の物語の最初のエピソードの中で、造船所で働く男、颯太役で出演している。リストラされた颯太は大晦日の夜、妹の帆波(谷村美月)と年越しそばを食べ、初日の出を見るために山に登る。ロープウェイに乗る金がなく、帰りは兄は歩いて山を降りる。というような喪失感が漂う話だった。
      彼は俳優としては熊切和嘉のものを中心に出演しているようだ。この辺りにも彼のこだわりというか歩んできた道のりが影響しているようだ。
    この映画も救いがない世界が淡々と描かれながらも、描かれた暗い情熱に惹かれてしまう不思議な訴求力を持っていた。気味悪いほど竹原ピストルの音楽世界に通じる味わいを持つ映画だった。
  • トップページへ
     まず、本作「娘よ」の原題DUKHTARについて少し説明を加えておきたい。DUKHTARとは「娘」を意味するペルシア語起源のウルドゥー語(パキスタンの国語であり、インドの公用語の一つでもある)で、カタカナで発音を示すと「ドゥフタル」に近い。ここでの「フ」は喉の奥をこすって出す音で日本語にはない発音。余談ながら、綴りからも想像がつく通り印欧語族の仲間である英語のdaughterと祖語が共通する。現代の英語では「ドーター」のようにghの部分を発音しないが、フランス語の影響を受ける前の古英語の時代には上記の「フ」と同様に発音されていたと言われている。その意味でローカル言語のタイトルながらユーラシア大陸のスケールを感じさせるタイトルでもある。
     さて、本作はパキスタン出身でアメリカ在住の女性監督アフィア・ナサニエルによる長編デビュー作で、山岳地帯の大自然を背景に、部族社会に今なお残る幼児婚の因習から娘を助けようとする母と娘の逃避行を描いた作品で、エンタテインメントの要素を入れながらも基本的にはアート映画の範疇に入るインディペンデント作品である。
    政情不安定の中パキスタン辺境地域でのロケには苦労があったというが、監督は映画制作のセオリーに則って堅実に作品をまとめている。アメリカのコロンビア大学大学院で映画学を学び、現在も同校でシナリオライティングの教鞭をとっているという経歴を知ってなるほどと思う。雪化粧の高山をバックに色あざやかなデコレーション・トラックを走らせるカットやステディーカムを用いたサスペンスタッチの追跡シーンなどインターナショナルの観客へのアピールも忘れない。インディペンデント映画の制作が始まってまだ日が浅いパキスタン映画界においての試みとしては大いに評価されてしかるべき作品で、そのことは2015年のアカデミー賞外国語映画部門のパキスタン代表作に選ばれたことからもわかる。
     パキスタンの娯楽映画は制作拠点がラホールという都市にあることから、インドでいうボリウッド(ボンベイとハリウッドを組み合わせて「インドのハリウッド」を意味する造語。なおボンベイは現在ムンバイとその名前を変更している)をもじって〈ロリウッド映画〉とも呼ばれるが、近年の動きとしては2005年ごろからそれまでのイスラム化政策(本サイトの2016.10月掲載のジェレム・ジェレム便り「映画『ソング・オブ・ラホール』が問いかけるもの」でも一部触れている)のなかで停滞させられていたエンタテインメント産業が復活し、映画界においてもイスラム過激思想や印パ国境紛争などのタブーに触れる新作が作られるようになってきている。本作もまたそのような文脈に位置付けることのできる実験的な作品だ。特にインドの娯楽映画にお決まりのストーリーとは直接関係なく挿入される「歌って踊る」シーンを排した作りをしている点は監督のこだわりであろう。制作資金調達において不利であることは間違いなく、本作も最終的にパキスタン以外にアメリカとノルウェーのファンドからの資金によって制作が実現したとある。
     本作についてはそうした挑戦する姿勢に対して好感を抱く一方で、ストーリーの舞台となっている地域に住むパシュトゥーン人の描き方に深みがないことが気になった。喩えて言えば、東北の農村を舞台にした映画で全員がさらさらと東京弁で話しているような違和感とでも言おうか。もう少し人物や背景の考証に細やかさがあればさらに骨太な作品になったのではないかと思う。
     パキスタンでは先述の通り映画産業に対する規制が緩和され、パンジャーブなど一部の州に限られるもののシネコンの数も増えているという。今後も若い才能によって新しいパキスタン映画が作られていくはずであるし、シナリオライティングや撮影編集技術などさまざまな面で進化していくだろう。
    かつてインド映画には巨匠サタジット・レイ監督をはじめとするリアリズム映画の伝統があった。筆者などはそのディテールにこだわった映像や雲の動きに登場人物の感情を重ねるような比喩的な映像表現に感銘を受けたものである。パキスタンも広い意味でインド世界の一部である。同国の若い映画人にも同様の伝統が引き継がれていくことを期待したい。
    (市橋雄二/2017.5.7)
  • このアーカイブについて

    このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2017年4月です。

    次のアーカイブは2017年7月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 4.261