2018年12月アーカイブ

  • トップページへ
    小沢昭一を尊敬し、善男善女のココロを翻弄することを旨とする3人が天国の小沢さんに届け、のココロで開催した一夜のイヴェント。12月6日浅草・木馬亭はち切れんばかりの聴衆で溢れ、補助椅子でも足りないほどの入りだった。場内は、小沢さんを懐かしむ暖かな空気で満たされた。
       会は、桂吉坊(上方落語)の「天王寺詣り」から始まった。切れ味のいい口跡の語りから、天王寺境内の大道芸などが活写されたが、その中でも「のぞきからくり」の掛け合い唄は懐かしかった。放浪芸取材で小沢さんとマイクを差し出しながら、聞いた節が見事に再現されていた。
      次はスタンダップコメディの松元ヒロ。場内を爆笑の渦に巻き込み、テレビでは絶対できない禁句連発の時事風刺は強烈で、解放感すら感じた。もと、「ザ・ニュースペーパー」のメンバーから1998年に独立してからの20年に渡る研鑽ぶりが感じられ、芸人魂に満ちた芸人として今後も注目だ。
    そして玉川奈々福の「浪花節更紗」。彼女が出て来ただけで、舞台が華やぐ。花があるのがいい。小沢さんや桂米朝の師匠ともいうべき正岡容原作の演題で、奈々福の節回しと語り口が自在に交互し、運びに余裕があり、寄席芸、語り物の面白さを堪能した。特筆すべきは、曲師の沢村豊子との掛け合いの妙である。沢村の三味線は名人芸の域にあり、あの音色の小気味良さは絶品だ。最後は、矢野誠一さんが小沢さんなりを語り、楽しく、懐かしい一夜が過ぎていった。
  • このアーカイブについて

    このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2018年11月です。

    次のアーカイブは2019年1月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 4.261