トニー・レオン讃 ~映画「ラスト,コーション」

■2007.12.19  トニー・レオン讃 ~映画「ラスト,コーション」○名匠アン・リー監督の最新作「ラスト,コーション」は中国現代史のなかでも「政府が裏切り者とみなされていた、歴史の穴とも言える空っぽな時代」(アン・リー)を生きた二人の男女のものがたりである。日中戦争の最中、重慶の蒋介石国民党政府の内部対立者、……続きを読む

人間の業を引受ける潔さ:映画「サラエボの花」から

■2007.11.09  人間の業を引受ける潔さ:映画「サラエボの花」から○ボスニア・ヘルツェゴヴィナの映画「サラエボの花」は一見の映画である。1992年、旧ユーゴスラヴィアが解体していくなかで勃発したボスニア内戦は、死者20万人、難民など200万人の多大の犠牲の上に1995年に一応の決着をみた。この近年の最悪の……続きを読む