「浪花節で生きてみる!」〜玉川奈々福

一時は滅びかけ感が強かった浪曲・浪花節に光を当て、新たな命を与えながら、自らも浪曲師として精進してきた道程を綴った一種の日本芸能論であり、浪花節論であり、芸道修業話でもある。専門的な楽屋話にならないで、伸びやかな筆致も鮮 … “「浪花節で生きてみる!」〜玉川奈々福”の続きを読む

「ペスト」 アルベール・カミュ

1940年代のアルジェリアの港町オランに起こったペストの蔓延。封鎖された都市の人々の日常そしてペストとの不条理な戦いに挑んだ人々を記録という形をとりながら、人間存在の在り方という究極の問いにまで想いを至らしめる小説だ。 … “「ペスト」 アルベール・カミュ”の続きを読む

「武漢封城日記」 郭晶 著 地を這う視線の記録が尊い

武漢は華中地域、長江中流全域の中心都市。1949年、政治の中心・武昌(東部)、工業の中心・漢陽(西部)、商業の中心・漢口(北部)が統合されて武漢市が成立した。中国内陸部最大の交通中枢都市であり、人口は860万の大都会であ … “「武漢封城日記」 郭晶 著 地を這う視線の記録が尊い”の続きを読む

「中世ヨーロッパ 放浪芸人の文化史〜しいたげられし楽師たち」マルギット・バッハフィシャー著

読もう、読もうと思いつつ、いつしか本棚の奥の方に追いやられ、埋もれている幾多の本の中から偶然手に取られる幸運の本がある。この魅力的なタイトルの本もそうした類のものである。 そしてこの著の特性として、特定の政治史や政治的事 … “「中世ヨーロッパ 放浪芸人の文化史〜しいたげられし楽師たち」マルギット・バッハフィシャー著”の続きを読む

「目撃 天安門事件 歴史的民主化運動の真相」加藤青延 著

1989年6月4日に中国で起きた民主化運動の武力鎮圧事件の注目すべき記録である。当時、北京の NHK特派員 として常駐していた著者が、ほぼ連日天安門広場の現場に立ち続け、目にした最前線の実態を系統的に記録した迫真に満ちた … “「目撃 天安門事件 歴史的民主化運動の真相」加藤青延 著”の続きを読む